【勉強について】勉強中スマホを見てしまう人へ❕スマホ依存を克服するコツ

気づいたらスマホを見てしまう…。
スマホが手放せなくて勉強に集中できない…。
と悩んでいませんか?

このような悩みを抱える受験生は非常に多いです。

スマホは手軽に使える便利なデバイスですが、いじり始めると時間を忘れてしまい、SNSや動画をダラダラと見て過ごす時間が長くなってしまうことも。

そんな人たちにとって、今日はスマホと上手に付き合うための方法を考えてみたいと思います。

スマホは使いすぎると勉強時間が減ってしまいますが、使い方次第では受験勉強の味方にもなります❕
スマホの使い過ぎに自覚症状がある人は、この記事を読んでスマホ依存を克服しましょう✨

スマホ依存とは何か?

スマホ依存とは、スマホに対してやみつきになってしまうことで、スマホを手放すことができなくなってしまう状態のことです。
例えば、勉強中にもスマホを手放せず、SNSやゲームなどで過ごしてしまう人がスマホ依存になっていると言えます。
スマホ依存になると、勉強や生活に支障が出てしまうため、適切な対処法を知ることが大切です。

スマホ依存の原因は?

便利すぎる

スマホは、インターネットに接続してさまざまな情報にアクセスできたり、SNSなどで友達とつながることができるため、日常生活に欠かせない存在になっています。
そのため、手放せなくなってしまうことがあります。

ストレスや孤独感の解消

ストレスや孤独感は、誰にでも起こりうる感情。
しかし、これらの感情が長期間続くと、心身の健康に悪影響を与えることがあります。
スマホを使うことで、ストレスや孤独感を解消しようとする人もいます。

例えば、SNSで友達とつながったり、コミュニケーションアプリでメッセージを送り合ったりすることで、人とのつながりを感じることができます。
また、ゲームでストレスを発散することで、気分を軽くすることができるという人もいます。

しかしながら、スマホを使ってストレスや孤独感を解消することは、一時的なものであることが多いため、長期的には解決にはなりません。
また、スマホに依存してしまうと、時間の管理がうまくできず、勉強に支障をきたすことがあるので注意が必要です。

飽きっぽい性格や興味を引くものが多い環境

飽きっぽい性格の人や、興味を引くものが多い環境にいる人は、スマホに依存しやすい傾向があります。

飽きっぽい性格の人は、長時間同じことを続けることが苦手です。
新しいことに興味を持つことが多いため、スマホを使って新しいアプリやゲームを探したり、SNSで新しい情報を得たりすることで、自分の興味を刺激してしまいます。

その結果、スマホから離れなくなり、勉強が疎かになってしまう原因になってしまうのです。

スマホ依存を克服するには?

スマホを見ない時間を作る

スマホを見ない場所や時間を作ることで、勉強や寝る前など、スマホを見ない時間帯を決めることが大切。
勉強する場所ではスマホを使わないルールを決めて、机の上にスマホを置かないようにしたり、必要なものだけそろえたりと工夫をしましょう。
また、スマホを見る時間帯と見ない時間帯をはっきりさせると、スマホを見る時間を減らすことができます。

目標を明確にする

目標を明確にすることは、スマホ依存を克服する上で非常に重要なステップです。
目標を明確にすることで、自分自身が何を達成したいのかを明確にし、それに向けた行動を取ることができます。

まず、目標を設定する際には、具体的で明確な目標を立てることが大切です。
例えば、「期末テストで英語の成績を5点アップさせる‼️」といった具体的な目標を設定しましょう。
このような目標は、具体的な数字があるため、達成するために必要な具体的なアクションプランを立てることができます。

さらに、目標を達成するためには、適切な期限を設定することも重要です。
期限を設定することで、自分自身がいつまでに何を達成しなければならないのかを明確にし、その期限までに必要なアクションプランを立てることができます。

以上のように、目標を明確にすることで、自分自身が何を達成したいのかを明確にし、そのための具体的なアクションプランを立てることができます。
スマホ依存を克服するためには、目標を明確にし、それに向けた取り組みを行うことが大切です。

徐々に使う時間を減らしてみる

スマホ依存を克服するためには、少しずつスマホの使用時間を減らしていくことが大切です。
急に減らすのは難しいかもしれませんが、徐々に減らしていくことで無理なく習慣化することができます。

まずは、自分がスマホを使っている時間を把握しましょう。
スマホを使っている時間を記録することで、どのくらいスマホに時間を費やしているのかを客観的に把握することができます。
そして、その時間を徐々に減らしていくことができます。

例えば、1日に5時間スマホを使っている場合、最初の1週間は1時間減らして4時間にする、2週間目はまた1時間減らして3時間にする、というように徐々に減らしていくことができます。
このように、少しずつ減らしていくことで、スマホに依存しなくても過ごせる時間が増え、自然とスマホ依存から脱却することができます。

親にスマホを預ける

スマホを親に預けることは、スマホ依存から脱却するための一つの方法です。
親がスマホを預かることで、自分自身でスマホ使用時間を制限することができます。

しかし、スマホを親に預けることは、自分自身で責任を持って制限することに比べて、親に制限をかけられることになるため、ストレスや反発心を感じることもあるかもしれません。

スマホを親に預ける場合は、まず親と話し合って、どのようなルールで預けるかを決めましょう。
例えば、預ける期間や使用目的、使用時間などを決めておくと、家族間でのトラブルを避けることができます。

また、スマホを預ける場合でも、自分自身でルールを守ることも大切。
親がルールを設けている場合でも、自分自身でルールを守れなければ、スマホ依存から脱却することはできませんよね。
スマホを預けることは、自分自身の意志を強く持ち、自分自身を律するための手段であることを忘れずに取り組んでみてくださいね❕

スマホ依存を克服するための心構え

スマホ依存を克服するためには、いくつかの心構えが大切です。

まずは、失敗を恐れずに挑戦することが大切です。
スマホを見ない時間帯を設ける、スマホとの距離を置くなど、克服する方法はいろいろありますが、最初はうまくいかないこともあるでしょう。
しかし、それでも諦めずに続けることが大切です。

また、周りの人の影響を受けないことも大切です。
スマホを使っている友達や、スマホを見ている人が周りにいると、ついついスマホに手が伸びてしまいがちです。
しかし、自分がやりたいことに集中して、周りの人のことは気にせずに取り組むことが大切です。

そして最後に、自分自身を信じることも大切です。
スマホ依存を克服することは簡単ではありませんが、自分自身がやり遂げることができると信じることが大切です。自分自身を信じ、克服に向けて取り組んでいきましょう🔥

まとめ

スマホを1日中みてるいる人が急に「勉強中はスマホを一切見ないようにしよう!」と思っても、すぐに行動には移せませんよね。
そのため、スマホを見る時間を少しずつ減らしていってスマホと適度に距離を保てるように頑張りましょう💪🏻✨
例えば、普段スマホを見ている30分間を、勉強以外のことに使ってみましょう。
問題を解いたり、筋トレをしたり、散歩に行ったりすることでもいいです。
少しずつ減らしていくと、スマホを見る時間が減っていきます。
小さなことからコツコツ始めて、自分のペースで勉強に向き合ってみてください❕

関連記事

  1. 【勉強について】高校生の科目選択と大学受験の重要性

  2. 【勉強について】定期テストを乗り越えろ!効果的な学習方法とテスト準備の…

  3. 【勉強について】ノートを活用した勉強法!

  4. 眠気を覚ます方法とは?勉強・授業中に寝ないようにする秘訣!

  5. 【勉強について】英語の共通テストで高得点を獲得するには?

  6. 【勉強について】学生のための歴史の暗記法!楽しく学んで記憶にインプット…