【勉強について】音楽を聴きながら勉強するメリットとデメリット

誰もが自分に合った最適な勉強法を模索する。
中には、静寂の中での集中を好む人もいれば、喧騒の中での勉強を好む人もいる。
そして、多くの学生が音楽をバックグラウンドに勉強を進めることを好む。あなたもその一人かもしれません。

しかし、音楽を聴きながらの勉強は本当に効果的なのでしょうか?
それとも、ただの気分転換や癖に過ぎないのでしょうか?

音楽は私たちの生活のあらゆる面で役立っています。
それは心を癒すだけでなく、私たちの感情や記憶と深く結びついているものです。
そんな音楽が、勉強の効果や集中力にどのような影響を与えるのでしょうか。

この記事では、音楽を聴きながら勉強することのメリットとデメリット。
さらに、勉強時に音楽を聴くことについての影響に関しても詳しく探っていきます。

あなたが次に勉強するとき、どのような音楽を選ぶべきか、音楽を聴きながらの勉強が自分に合っているのか、そしてどのように音楽を活用すればより効果的な学習ができるのか。
この記事を通じて、これらの疑問に答えを見つける手助けができれば幸いです。

音楽の心理学的効果

モチベーションの助け

誰もが勉強や課題に取り組む際に、時折、モチベーションが下がる瞬間があるでしょう。

そんなとき、好きな曲やアップテンポの音楽を聴くことで、気分をリフレッシュし、
再び勉強に取り組む気持ちを高めることができます。

音楽は感情と直接的に結びついており、ポジティブな気分を刺激することで、
学習意欲を引き出す力を持っています。

脳への直接的な影響

音楽は私たちの脳に直接的に影響を与えることが知られています。

音楽を聴くことで、脳内のドーパミンという物質が放出されることが研究で確認されています。

ドーパミンは「幸福ホルモン」とも呼ばれ、私たちの喜びや満足感を高める効果があります。

また、音楽によってアクティブになる脳の領域は、言語や数学の学習とも関連していると言われています。

このことから、音楽を背景に勉強することで、これらの領域の活性化が促進され、学習効果が向上する可能性があると考えられます。

しかしながら、音楽の効果は個人差があります。
すべての人が同じ音楽から同じ効果を得られるわけではありません。
一般的には、歌詞のない音楽や、繰り返しのリズムを持つ音楽が、学習時の集中を助けると言われています。
結論として、自分にとって最も適した音楽を見つけることが大切です。

音楽を聴きながらの勉強するメリット

背景音としての効果

私たちの周りには、常にさまざまな音が存在しています。クラスメートの声、学校の廊下の足音、家の中の家電の音……。

これらの環境音は、気がつかないうちに私たちの集中を散漫にしてしまうことがあります。

ここで、音楽をバックグラウンドとして流すことで、これらの気分散漫な音から隔離され、集中的に勉強に取り組むことができます。

これを音楽の「マスキング効果」と言い、多くの人がこの効果を利用して作業の効率や集中力を向上させています。

また、適切な音楽を選ぶことで、集中力をサポートするリズムやメロディが脳に与える影響も大きいです。

勉強の効率化

音楽には、私たちのテンポを合わせる効果があります。
特にアップテンポの曲を聴くと、無意識のうちにスピードアップして物事を進めるようになります。

このリズムに合わせて勉強をすることで、効率的に学習内容を進めることができるのです。

例えば、暗記が必要な時にリズムの良い曲を聴きながら学習すると、内容を頭に入れるスピードが上がることが期待できます。

学習内容の記憶の向上

音楽は、私たちの感情や記憶と深く関連しています。

好きな曲や特定のメロディーを聴くことで、特定の思い出や情景を思い起こす経験は誰もが持っているでしょう。

これを勉強に活用すると、学習内容を特定の音楽と結びつけて記憶することができます。

後日、その音楽を思い出すことで、学習内容も一緒に思い出しやすくなります。

ストレス緩和効果

勉強に集中しすぎると、気づかないうちに体や心にストレスが溜まってしまうことがあります。
特に試験前など、プレッシャーを感じる時期はその傾向が強くなります。

そんな時、心地よい音楽を聴くことで、一時的にリラックスすることができます。
音楽によって発生するドーパミンは、私たちの心を穏やかにし、ストレスを軽減する効果があります。

結論として、音楽を聴きながらの勉強は、効率化やストレス緩和など、多くのメリットを持っています。

ただし、音楽の選び方や音量、聴くタイミングには注意が必要です。
自分にとって最も適した方法で音楽を取り入れることで、より効果的な学習時間を過ごすことができるでしょう。

音楽を聴きながらの勉強するデメリット

注意散漫の可能性

音楽は集中を妨げる要因となり得ます。
特に歌詞が入った曲や変化に富んだリズムの曲は、思考を散らす可能性があります。

歌詞の影響

歌詞がある曲を選択する場合、その言葉が頭に残りやすくなります。
特に、言語関連の勉強をしている際に、歌詞の言葉が学習内容と混ざり合ってしまい、
混乱を招くことが考えられます。
また、歌詞に感情を引き寄せられてしまい、学習内容から気が逸れるリスクもあります。

音量や曲の選び方の重要性

音楽のボリュームが高すぎると、それ自体が気の散漫の原因となります。
適切な音量を保つことは、集中力を維持するために非常に重要です。

デメリットもあるけど音楽を聴いて勉強したい!

音楽を聴きながらの勉強にはデメリットもあるけど、
音楽を聴きながら勉強したい!!!!!

って思いますよね。

実際、私も学生時代に
勉強のモチベーションが上がらないとき、
音楽で気分を盛り上げていました。

気持ちが上向きになると、自然と勉強に取り組む意欲も湧いてきます。
だから、試験前など、気を散らすことなく音楽を楽しむことができるなら、それはアリだと思います。

ただ、選曲には工夫が必要です。
感情が高まりやすい歌や、歌詞の多い曲は集中を妨げることがあるので注意が必要。

おすすめは、適度なテンポのインストゥルメンタルや、意味を深く考えずに聴ける英語の曲です。
これらは気を散らすことなく、集中を助けてくれることが多いと感じます。

また、音楽を聴く目的が「楽しむ」のではなく
「勉強の集中力を上げる」ためだけなら、

作業用BGMをオススメします。

作業用BGMは、YouTubeなどでよく見かける、勉強や作業に集中するための背景音楽です。
歌詞がないので、学習を邪魔することなく、集中をサポートしてくれるでしょう。

歌詞のある曲とない曲の違い

歌詞のある曲は、感情や物語性が強く、リスニング時にメッセージを受け取る傾向があります。

これは学習中、特に言語や歴史などの文章を中心とした学習においては、集中を妨げる可能性があります。

一方、インストゥルメンタルの曲、つまり歌詞のない曲は、
純粋にメロディーやリズムに集中することができるため、勉強の背景音として適しています。

音楽を使わないで勉強に集中する方法

 

 

ここまで音楽を聴きながら勉強に集中することをテーマに紹介してきました。
しかし、音楽を使わなくても、集中する方法はたくさんあります。
ぜひみなさんにも試してみてほしい効果的な方法を紹介します!

環境を整える

快適な場所を選ぶというのは、勉強をする上で
とても大切なこと。

集中力は、勉強する場所に大きく影響されます。
なるべく静かで、十分な光のある場所を選んで、最高の学習環境を整えましょう。

また、机と椅子の高さや形も重要です。
背筋をしっかりと伸ばして座れるような椅子と、手足が自然に伸びる高さの机を選ぶことで、
体の負担を減らし、集中力をアップさせることができます。

ポモドーロテクニック

ポモドーロテクニックは、25分間の勉強と5分間の休憩を繰り返す方法で、
このリズムで学習することで、持続的に高い集中力を維持できるようになります。

整理整頓で気分もリフレッシュ

高校生活は勉強や部活、友人との時間など、忙しく過ごす日々が続くものです。
その中で、自分の部屋や勉強スペースが散らかってしまうこともあるでしょう。
しかし、散らかったままの部屋での勉強は、なかなか集中できないもの。
周りのものが気になったり、探している教材がすぐに見つからないなんてことも。

そんな時は、ちょっと手を止めて、
まずは部屋を片付けることをおすすめします。

ノートや教科書、文房具を整理整頓し、
必要なものだけを手元に置く。

これだけで、気分がスッキリとして、
勉強への意欲もグッと上がることでしょう。

そして、整った環境での学習は、頭も整理されて、効率的に進めることができます。

綺麗な部屋は、新しい気持ちで
勉強に取り組むための第一歩です。

日々のちょっとした整理整頓の積み重ねが、
より良い勉強環境を作り出しますよ。

休息を取ること

受験直前となると、何時間も休まずに勉強しようと
する人が増えますが、人間の集中力には限界があります。長時間続けることで効果的な学習は難しくなります。
効率的な学習のためには、休憩を適切に取り入れ、
心と体をリフレッシュすることが必要です。

体を動かすことの効果

勉強をしていると、同じ姿勢が続くことで
体に疲れがたまりやすくなります。
これが原因で集中力が減少することも。
休憩中や勉強中にも、軽く体を伸ばしたり
ストレッチを取り入れると
体の疲れを和らげることができます。
外に出て散歩することで、
新鮮な空気を取り入れるとともに気分もリフレッシュできます。

学習計画を立てる

勉強する際、何を学ぶかの方針がないと
モチベーションが低下しやすいです。
その日の学習内容を明確にして、
目標を持って取り組むことで、
効果的に学習できる可能性が高まります。
学習の内容や目標を前もって計画することで、
実際に勉強を始めるときに、スムーズに取り組めます。
例えば、1週間のスケジュールを作り、
日々の内容を分散させてみると良いでしょう。

【まとめ】音楽に頼りすぎないように❕

音楽を聴きながら勉強すること。
それだけに頼ってしまうと、本番の受験で困ったりするかもしれません。
そのため、音楽なしで集中する方法を見つけるのも大事です。

ALCSは、生徒たちがそのような自立した学びの姿勢を身につけるためのサポートをしています。
私たちは、生徒一人ひとりの学びのスタイルやニーズに合わせて、最も効果的な学習方法を模索し、提案しています。
さらに、継続的なサポートやフィードバックを通じて、
生徒が自分の強みや弱点を理解し、それに応じて学習法を調整する手助けをしています。

それぞれの生徒が自分に合った方法で、確実にゴールに近づくためのサポートをするのがALCSの役目です。
一緒に、最適な学習方法を見つけ出し、受験合格を目指しませんか?

関連記事

  1. 休憩時間の大切さ!

  2. 【勉強について】本が苦手でも大丈夫!読書感想文の構成とポイント!

  3. 【勉強について】Be動詞と一般動詞の違いは?

  4. 【勉強について】小論文の書き方!基本とテクニックを徹底解説!

  5. 学習計画の重要性

  6. 【勉強について】定期テストを乗り越えろ!効果的な学習方法とテスト準備の…