【勉強について】英語の共通テストで高得点を獲得するには?

共通テストは、大学入試の第一関門とも言える大切なもの。
特に英語は、今後の社会で必要とされるグローバルなスキルを測る重要な科目となっています。

「ただ問題を解けばいい」と思っているかもしれませんが、

実はそれだけでは十分ではありません。

時間内に全ての問題を解くことが、合格への大きな鍵となるのです。
なぜなら、知識や技術だけでなく、時間管理のスキルも試されるから。

未回答の問題があると、それだけ得点の機会を逃してしまいます。

この記事では、共通テストの英語の時間配分の目安と、時間切れにならないためのコツについて解説します。
しっかりと準備し、試験当日に最高のパフォーマンスを発揮しましょう!

共通テスト英語の時間配分の目安

リーディングセクション

平均時間:1問あたり約1分20秒

リーディングは、文章の内容を理解し、その中から正解を選ぶスキルが問われます。

短い問題には少ない時間、長い問題にはやや多めの時間を割くよう心がけましょう。

リスニングセクション

平均時間:1問あたり約1分30秒

リスニングは、与えられた音声を聞き、その内容に基づいて答えるスキルが求められます。
音声は1回しか流れないため、集中して聞き取り、迅速に答える必要があります。

これらの時間配分はあくまで目安です。
実際の試験では、得意なセクションを速めに解き、苦手なセクションに多めの時間を割くという戦略も考えられます。
しかし、平均的な時間を意識することで、全問終了できる確率が高まります。

特にリスニングの場合、問題の間には待ち時間が設けられているため、その間に次の問題の準備や確認を行うと効率的です。
リーディングの場合は、問題文や選択肢を速読し、大まかな内容を把握した上で、詳細に解答するという方法が有効です。

練習の際には、これらの時間配分を意識しつつ、模擬試験や過去問を解いてみると良いでしょう。
また、自分のペースを知ることで、実際の試験でも冷静に対応することができます。

大問の難易度と試験作成者の意図

大問の難易度が後半に進むほど高まるのは、

試験作成者が受験者の能力を広く評価しようとする意図からくるものです。

初めの問題は基本的な理解や知識を確認するためのもので、後半になるほど応用力や深い理解が求められる傾向があります。

共通テストの試行調査のデータを見ても、この傾向が明らかです。
第1問が一般的に易しいとされるのは、その内容が基礎的な部分をカバーしているため。
逆に、第6問が難しいとされるのは、より高度な思考や分析が必要とされるからです。

しかし、全ての受験者が同じ方法で最高の成果を上げるわけではありません。
人によって得意な領域や解答スタイルは異なります。
例えば、ある人は文法問題が得意であれば、それに関連する部分から始めることで自信を持って試験に挑むことができます。
別の人は、長文読解の方が得意かもしれません。
そのような場合、読解問題から取り組むのが良いでしょう。

模擬試験や過去問を利用して自分の強みと弱みを知ることは、試験戦略を練る上で非常に有効です。
これにより、どのセクションから取り組むか、どの問題をスキップするかという戦略を事前に計画することができます。

時間切れにならないためのコツ

試験時のプレッシャーは、時間との戦いでもあります。
時間内に全問終わらせ、しかも正確に答えるためのコツを以下にまとめました。

問題を一読する

一つ一つの問題に挑む前に、まずは問題全体を速読で確認しましょう。
この速読の段階で、問題の大まかな内容や要求されるスキル、そしてそれぞれの問題の難易度や解答にかかる時間を大まかに予測します。
試験の初めの5分で全問を軽く読むことで、どの問題から取り組むかの判断基準が得られます。

難易度別に取り組む

試験は必ずしも順番通りに解く必要はありません。
自信のある問題、つまり解答に時間がかからない問題から先に取り組むことで、確実に点数を獲得できます。

逆に、難しそうな問題や時間がかかりそうな問題は一旦スキップ。

全問を一通り解いた後、残った時間で戻って取り組むのがおすすめです。

時間を意識した練習をする

実際の試験と同じ時間制限で問題を解く練習は非常に有効。タイマーを利用して、所定の時間内でどれだけの問題を解けるかを試してみましょう。

この練習を繰り返すことで、時間の流れを体感し、実際の試験でも焦らずに適切なペースで問題を解くことができます。

答えるのに時間がかかる問題は後回し

いくら難しそうでも、一つの問題にこだわり続けるのはリスクが高いです。
答えられそうにない、または時間がかかりそうな問題は、一旦スキップして次に進む勇気も必要です。

落ち着いて解答する

試験のプレッシャーや時間の逼迫感に焦ると、簡単なミスを犯すことが増えます。
深呼吸をして、冷静に問題の内容を確認し、自分の知識と経験を最大限に活かして解答しましょう。

最後に、これらのコツは実際の試験の状況に応じて柔軟に適用することが大切です。
頻繁に模擬試験を行い、自分なりの最適な時間配分を見つけることをおすすめします。

なぜ回答するのに時間が足りなくなるのか?

試験の最中、時間が足りなくなってしまう経験をしたことはありませんか?
その背後には、様々な原因が考えられます。
以下に、回答に時間が足りなくなる主な理由とそれに対する対策を解説します。

不足した試験対策

試験の内容や問題の形式に十分な対策ができていないと、予想外の問題や難易度に戸惑ってしまうことがあります。
特に、過去問題や模擬試験を十分に行っていない場合、問題の構造や求められる回答の形式に慣れていないため、時間がかかることが多いです。

対策: 過去問や模擬試験を多く解くことで、問題の傾向や形式に慣れ、迅速な回答が可能になります。

過度な緊張

試験状況になると、緊張から思考が冷静でなくなり、普段の練習時よりも時間がかかることがあります。
特に初めての試験や重要な試験ではこの傾向が強くなりがちです。

対策:深呼吸や実際の試験と同じ環境での模擬試験などで緊張を和らげる練習をする。

一問一答のこだわり

難易度が高い問題や自身の苦手な問題に出会った際、その一問にこだわり過ぎてしまうことがあります。
こうすると、他の解ける問題に取り組む時間が削られてしまいます。

対策: 難しい問題は一時スキップし、解答可能な問題から優先的に取り組むこと。

読解スキルの不足

問題文や選択肢の読解に時間がかかりすぎることで、解答時間が圧迫される場合があります。

対策: 読解スキルの向上のため、定期的に速読の練習や英語の長文読解の練習を行う。

これらの理由と対策を理解し、自身の弱点を克服することで、時間内に確実に全問回答を目指しましょう。

まとめ

共通テストの「英語」は、限られた時間でたくさんの英文を読んだり、聞いたりしながら、正確に答えを出す試験です。
良い点を取るためには、英語の基本的な知識をしっかり覚えるだけでなく、その知識を使って速く英文の意味を取る力も必要です。

さらに、読む・聞く力をしっかり鍛えることはもちろん、たくさんの英文が並んでもパニックにならない強い気持ちも大事。
知識や技術だけでなく、頑張り続ける力も試されます。英語が得意でない人には難しいかもしれません。

でも、安心してください!
共通テストの英語は、超難しい試験ではありません。
基礎を固め、日常的に英語との接触を増やすことで、成果は上がります。
過去問を中心とした繰り返しの練習で、試験の特性やパターンに慣れることが鍵です。
自分の弱点や改善点を明確にし、効果的な学習方法を見つけましょう!

関連記事

  1. 【勉強について】ノートを活用した勉強法!

  2. 【勉強について】Be動詞と一般動詞の違いは?

  3. 【勉強について】大学受験における偏差値の見方とは?偏差値をアップする方…

  4. 【勉強について】古文マスターへの道!効果的な古文の勉強法を解説!

  5. 【勉強について】効果的な勉強習慣を身につけるためのポイント!毎日の勉強…

  6. 眠気を覚ます方法とは?勉強・授業中に寝ないようにする秘訣!